スカイツリー 先端 光ってる


東京スカイツリーに登ってきました(その5) 19日に東京スカイツリーに登った日記の続きです。天望デッキを2層降りて、フロア340に来ました。外から見ても分かるように下に行くほど狭まっているので、この階が一番狭いのです。 東京・墨田区の東京スカイツリーに雷が落ちる瞬間をカメラが捉えた。 午後6時ごろに東京・江戸川区から、西の方角にある東京スカイツリーを撮影した映像では、高さ634メートルのスカイツリーの先端に向かって、稲妻が走っているのがわかる。 スカイツリーの先端は良く見ると曲がっていたし、見る人が見れば酔狂な老人だと思うかもしれない。ただ、夢を追う老人はとても楽しそうだ。 スカイツリーのカラカラという良い音が、自分の中でもしばらく鳴り響いている気がした。 (2015.4) 「見てるって」 俺にそう言ってくるのは、中学校からの付き合いである斎藤孝則。 実は、今日は高校の修学旅行で東京に来ている。しかも、今は東京スカイツリーが視界に入るくらいの場所に来ている。 五重塔も東京スカイツリーも、 当時の技術の粋を集めてできた高さであり、 同じ塔という建物種類であり、 同じ風土の日本に建つものです。 工夫を凝らす箇所や姿が似ていることには 意味があったのかもしれません。 とすれば、五重塔が倒れない秘密は、 今回、通常のスケジュールを破って山内へまっすぐ来たのは、 これを見るためでした↓。 いちおう、当初は公開のスケジュールは決まってたと思うけど、 日光観光協会のオフィシャルサイトには 「平成24年5月22日(火)~当分の間」とある。 スカイツリーのp.m.と東京ドームのイルミ【配信レポート2014.12.21】 タグを編集 ログイン L2配信レポート2014