スプレッドシート 変更履歴 スマホ

Google スプレッドシートの関数リスト 関数については 別途、特に便利なものを使い方とあわせて特集 したいと思います! 便利機能2:変更履歴とバックアップ. スプレッドシートで誰がどこをどう変更したかが確認できる「セルの編集履歴」の使い方です。複数のユーザーで一緒に編集している時に、誰がどこを変更したかがわかる便利な機能です。 Android 搭載のスマートフォンやタブレットで Google ドライブ アプリを開きます。 履歴を確認するファイルの横にあるその他アイコン をタップします。 情報アイコン をタップします。 [履歴] が表示されるまで下にスクロールします。 Googleスプレッドシートを開き、左の「ファイル」メニューにある「変更履歴の表示」をクリックすればOK。冒頭画像のように、これまでの変更履歴が右側に表示されます。複数のユーザーでファイル共有している場合はもちろん、自分の編集履歴をさかのぼりたいときにも便利な機能ですね。 Googleスプレッドシートは表計算が簡単にできるアプリです。表計算ソフトではExcelが有名ですが、Googleスプレッドシートも同じくリストの作成やデータ集計が得意なアプリです。 Googleスプレッドシートはとても多機能ですが、最低限の使い方を知っているだけでも十分活用することができます。

パソコンで、sheets.google.com からスプレッドシートを開きます。 セルを右クリックして、[変更履歴を表示] を選択します。注: 一部の変更は編集履歴に表示されない場合があります。 以下にいくつか例を示します。 行または列の追加、削除; セルの形式の変更 変更履歴を表示する. Googleスプレッドシートは使い方が簡単で便利なPC機能ですが、今はアプリになっているのでiPhoneでもAndroidでも使うことができます。ここではスマホアプリのGoogleスプレッドシートの使い方を説明し …