マイナンバー スマホ 読み取り


マイナンバーカード読み取り対応のスマホ ・現状で 特定のスマホのみ. マイナンバーカードの読み取りを行った際、「マイナンバーカードを認識できませんでした。ご利用のパソコンでマイナンバーカードの利用に必要な設定を確認の上、再度操作を行ってください。」と表示されました。どうすればいいですか。 注意: ここからログインが完了するまでカードとスマホは離さないでください。 4. マイナンバーカード読み取り対応のスマホ ・現状で 特定のスマホのみ.

スマホで「 JPKI 利用者ソフト」を起動し、カードを読み取る. がマイナンバーカード読み取りに対応している ・対応しているスマホは、下記の公的個人認証サービスポータルサイトで紹介されている(随時更新されているので、最新のスマホも掲載されている)

がマイナンバーカード読み取りに対応している ・対応しているスマホは、下記の公的個人認証サービスポータルサイトで紹介されている(随時更新されているので、最新のスマホも掲載されている) まぁ、マイナンバーカードの読み取りは、e-TAXでも利用しますし、今年7月からはマイナポイント事業での5000円分のポイント還元も始まります。

この機種でマイナンバーカードの情報の読み取りは出来るでしょうか? ネットで色々調べましたが、oppo Reno a はおサイフケータイですから NFC Type Fに対応している事は間違いないですが、マイナンバーを読み取りするType Bにも対応しているのかわかりません。 今度は、スマホ用のAndroid使用のアプリのようで、今度は、ぴったりサービスで入力もトントンと進みました。 途中マイナンバーカードを読み取り個人情報入力を簡略出来るボタンをクリックしました。 4桁の暗証番号を入力して読み取り開始へと移行。

マイナンバーカードを批判する記事を見ると、その多くで槍玉に上がるのがicカードリーダーです。いわく、「3,000円もかかるicカードリーダーは、マイナンバーカードの読み取り以外には使い道のないもので、無駄な出費だ!」という批判です。

3.

NTTドコモからマイナンバーカード対応Androidスマホが登場 2019年にはiPhoneもマイナンバーカード対応へ NTTドコモは2016年11月4日にマイナンバーカード(個人番号カード)読み取り対応スマートフォン「AQUOS EVER SH-02J」(写真)を発売した。 【注意】 Android端末をICカードリーダライタとして利用する場合、券面4情報(氏名・住所・生年月日・性別)の読み取りに対応していませんので、お手数ですが、新規にマイナンバーカード方式を利用する場合は、事前にAndroid端末から以下のとおり、操作してください。 現金給付一律10万円の申請が始まりました。私も早速スマートフォンで申請してみましたが、マイナンバーカードの読み取りがエラーとなりなかなか進まなくて手間取ってしまいました。そこでスマホ申請する場合の注意点やエラーが出た場合はどうすればよいの

トップ→e-Taxソフト(WEB版)→ログイン→マイナンバーカードの読み取りへ. 【注意】 Android端末をICカードリーダライタとして利用する場合、券面4情報(氏名・住所・生年月日・性別)の読み取りに対応していませんので、お手数ですが、新規にマイナンバーカード方式を利用する場合は、事前にAndroid端末から以下のとおり、操作してください。