鍼 筋肉 反応


鍼灸治療の刺入深度については、患者の負担が軽くで済ませたいのなら、筋膜で止めるという方法があります。それなのに、筋肉が緩むという解説をしているページです。追記:現在は深く鍼を刺す中国鍼がメインの鍼灸治療となりました。その経緯についても説明させて頂いております。 2.鍼で筋肉は軟らかくなるのか では、鍼治療で筋の過緊張が緩むのでしょうか。その代表として肩こりを例として 紹介しましょう。 肩こりが改善することはよく知られた事実ですが、そのことを客観的に示したのが 図3です。図3は、鍼を筋硬結部(筋膜部位で深さ約6mm)で上下動1-2mm、1Hz 鍼(針)治療に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?なんとなく信用できない、科学的ではないと感じる人もいるのではないでしょうか。実は世界では鍼治療を研究し、論文発表によって鍼治療の科学的な根拠や効果が分かりつつあるのです。 何度も言いますが、好転反応はガチガチな筋肉によって、 締め付けられている神経の圧迫を急に取り除いた時 に起こりやすいです。 そもそも、浅い鍼「 1cm~2cm 」ほどの刺入しか行わない場合は、好転反応は起こりにくいです。

コリや硬くなった筋肉に鍼をすることで わざと筋肉に細くて小さな傷を作ります。 筋肉が傷つくことで体が 「傷を治さなきゃ」 「異物(鍼)を取り除かなきゃ」 このような反応が起こり細胞などから 痛みや体を修復する物質が分泌されて 好転反応と揉み返しは似ているとい言われますが全く違うものです。 具体的に言うと好転反応は凝り固まった筋肉が鍼や整体などのメンテナンスにケアにより活性し 良い状態にカラダが変化して行く過程で起こる現象 です。 鍼灸の施術を受けた後、はからだが快方へ向かうときに、好転反応とよばれる症状がみられることがあります。 好転反応は治療がよく効いているサインです。数日で症状は消えますが、病状や体質によっては好転反応が長引く人もいます。 直接、鍼で筋肉に刺激を与えるので はじめにチクっとした感覚 や、 刺している最中に重だるさ を感じる時もありますが、それは鍼を刺した時に出る反応のひとつなので心配ありません。 鍼灸治療の刺入深度については、患者の負担が軽くで済ませたいのなら、筋膜で止めるという方法があります。それなのに、筋肉が緩むという解説をしているページです。追記:現在は深く鍼を刺す中国鍼がメインの鍼灸治療となりました。その経緯についても説明させて頂いております。 1.好転反応とは. 好転反応とその症状ってどうゆうもの?東洋医学では瞑眩反応とも呼ばれ、体のバランスが崩れた状態から正常な状態に戻ろうとするときに、一時的に起きる体の不調をいいます。好転反応は最長3日続きますが、長引く場合には体が悪くなっていることもあるので注意も必要です。 筋肉や関節の痛み、腰痛、頭痛、神経痛、その他様々な症状がありますが、病院に行っても解決せず、鍼治療を試みる方も多いと思います。 最近では、鍼治療をする動物病院もあり、ペットのワンちゃんなどに鍼 … 好転反応とは鍼(はり)治療や整体などの自然治療を受けた翌日に、健康を取り戻す過程で、体にだるいなどの疲れや痛み、発熱などの症状が現れることをいいます。 鍼を受けて体調不良を感じたら、それは揉み返しではなく好転反応です。鍼の副作用やアレルギーではなく、体が回復に向かっている過程で起こるものなのでご安心ください。もし好転反応が現れた場合は、水分をしっかり摂って休養するようにしましょう。
好転反応とその症状ってどうゆうもの?東洋医学では瞑眩反応とも呼ばれ、体のバランスが崩れた状態から正常な状態に戻ろうとするときに、一時的に起きる体の不調をいいます。好転反応は最長3日続きますが、長引く場合には体が悪くなっていることもあるので注意も必要です。


施術で筋肉が緩むと、神経が正常に働き始めて、痛みを感じることがあります。しばらくすると収まるので、ご安心ください。 また、お肌が敏感な方は、鍼をした所が数時間、チクチクと感じることがありますが、これも時間の経過とともに無くなります。