VBA デバッグ エラー箇所

エクセルVBAでは、Errオブジェクトというエラーが発生したときにその情報を格納しておいてくれる便利なオブジェクトがあります。 Errオブジェクトに対するNumberプロパティでエラー番号を、Descriptionプロパティでエラーの詳細を取得することができます。 プログラムを正しく動作できるように、エラーへの対処や処理が正しく実行できているかをプログラムを動かしながら確認することができます。 そのような作業を「デバッグ」といいます。 vbaでのデバッグについて説明します。 デバッグってなにをするの? デバッグとはなにか. エラー処理って使っていますか? エラー処理といえば、0(ゼロ)で割る処理を行うとエラーが発生します。また、ファイルへの入出力の際に不適切なパスを指定した場合などもエラーが発生します。 エラーが発生すると処理が停止して、それ以降の処理が行われないなど不具合の原因となります。 どんなに難しいプログラムであっても作っているのは人間です。 エクセルvbaでマクロを作ると、思い通りに動かないことがとても多いです。 そういうときには、何がおかしいのか原因を探って修正する「デバッグ」作業が必要になります。 このページでは「デバッグ」 … Excel VBA マクロのデバッグの仕方を紹介します。デバッグとは、プログラムがどのように実行されているか調査することです。実行中の変数の値を調べながら、正しく動作しているか、予期せぬ動作になっていないか確認するために、何度もデバッグを繰り返すのがプログラミングです。 vbaのデバッグとよくあるエラー. デバッグとは プログラムの中に発生してしまったミスを探し出して取り除くこと を言います。. vbaのマクロを実行すると「型が一致しません。」のエラーを見る機会が多いかと思います。 原因は変数に間違った型の値を入れてしまった場合に発生しますが、コードをみても誤った箇所がわからず途方に暮れる場合もあるのではないでしょうか。

vbaのデバッグ.

vba ではこの「コンパイル」は必須ではありません。これは単なる構文エラーのチェックに過ぎません。 実際には実行時にこの「コンパイル」が行なわれますから、この段階でエラーになるマクロは実行は …