VBA ファイル削除 ワイルドカード


一部のファイルを削除. 一般ファイルでは前者の方が普通です。 但し、ワイルドカード使って、.datのファイルだけという訳には いかないので、最後が".dat"であるものを探します。 Right関数でもよいのですが、正規表現オブジェクトを使うと、 後々、応用が利きます。 vba ワイルドカード (3) ワイルドカードを使用して、マクロブックと同じフォルダに保存されているブックを開きたいとします。 フォルダには、 302113-401yr-r01.xlsm という名前のファイルがあります。 削除対象のファイル群を上記ワイルドカードで表現する必要があります。 ワイルドカードで表現できない場合は file.Delete でファイルを1つずつ削除するしかありません。 (⇒ フォルダ内のファイルを1つずつ削除する例) 1つのファイルを削除する場合 エクセルVBAでフォルダ内のファイルを削除する場合は、Killステートメントを使用します。Killステートメントのファイル名にワイルドカードを指定して、フォルダ内のファイルを全て削除したり、一部だけ削除することもできます。 *”」と記述します。 Excel VBA マクロでファイルを削除する方法を紹介します。DeleteFile 関数を使って指定したパスのファイルや、フォルダ内のファイルの削除ができます。ワイルドカードを使って複数のファイルや全てのファイルの削除ができます。 こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。 皆さんは、vbaでファイルの削除をする方法を知っていますか? ちょっとしたフォルダ整理をしたいとき、フォルダ管理ツールを作りたいときなど、ファイルの削除方法を知っているととても便利です。 エクセルVBAで、特定の文字を含むファイルを開くコードです。 特定の文字を含むファイルを、1つ開きます。 Const で定数を宣言します。Workbooks.Open メソッドの引数にワイルドカードは、使用できないので、Dir 関数を使用してファイル名を取得します。 あなたはLike演算子を使っていますか? 正規表現が使えない場合に、Like演算子で代替することができて便利です。 この記事では、Like演算子について基本的な使い方から、 ワイルドカードのエスケープ Likeの否定(Not) 複数条件を指定するには 大文字小文字の区別なしで使用するには ファイル削除についてC:\temp\111-001-会計.txtC:\temp\111-001-人事.txtC:\temp\111-001-総務.txtC:\temp\111-001-販売.txtこのようなファイルがあったとしますこれをワイルドカードを使って"111-001*"というファイル全てを削除するプロ pathname ・・・ 削除するファイルの名前と場所を文字列式で指定します。複数文字のワイルドカード(*)、単一文字のワイルドカード(?)を使用することで、複数のファイルを指定することも可能です。 フォルダー内にファイルがあるとエラーになるので、Killステートメントでファイルを削除します。フォルダー内のすべてのファイルを指定する場合は、ワイルドカードを使用して「”¥*.

単純にファイルの存在をチェックする場合はワイルドカードが指定できるDir関数を利用した方がよいです。 FileSystemObjectのFileExists関数はワイルドカードは指定できず固定ファイル名しか判定できませ … filenameには、削除するファイル名を指定します。 解説. filenameで指定したファイルをディスクから削除します。filenameには、ドライブやフォルダを指定できます。また、複数のファイルを指定する「*」や「?」のワイルドカードも指定できます。 複数のファイルを一括削除(ワイルドカード指定) Kill ステートメントおよび、FileSystemObject.DeleteFile はワイルドカード指定で複数のファイルを一括して削除することができます。 ワイルドカードとは、ファイル名に、「 * 」 や 「 ? ファイル削除についてC:\temp\111-001-会計.txtC:\temp\111-001-人事.txtC:\temp\111-001-総務.txtC:\temp\111-001-販売.txtこのようなファイルがあったとしますこれをワイルドカードを使って"111-001*"というファイル全てを削除するプロ

なお、削除するファイル名には*または?のワイルドカードを使用できます。Excelや他のアプリケーションで開いているファイルに対してKillステートメントを実行するとエラーになりますので注意してくだ … 」 を使用できます。