WordPress 子テーマ single php

以前の記事で子テーマ作成する方法を書いたのですが、ロリポップでのやり方だったので今回はエックスサーバーでの子テーマの作成方法を紹介していきたいと思います(コメントでリクエストも頂いたので)。まず子テーマについておさらいしておくと、テーマが更

ロリポップサーバーでドメインを変更してWordPressもインストールしなおし、コピーしておいたTwenty Seventeenのテーマの子テーマをアップロードしたら、個別の記事のページ(singe.php)のレイアウトが崩れてしまいました。 例えば子テーマ内にheader.phpを置いておくと親テーマのheader.phpではなくて子テーマのheader.phpを呼び込むようになります。 テーマ一覧から子テーマを選ぶ. 子テーマ っていうのは、ワードプレスをインストールした際にデフォルトで作られるテーマ(header.phpやsingle.phpなどのテンプレート群)を カスタマイズするための専用テーマ のことです。. 基本的にindex.phpと変わりませんが、ページ送りの部分だけタグに変更があります。個別記事ページ(single.php等)で利用するページ送りのための previous_post_link とnext_post_link タグは、記事一覧ページで利用されるprevious_posts_link とnext_posts_link タグとは別のタグです。 WordPressでテーマをカスタマイズする際に便利なのが子テーマ。この子テーマにsingle.phpなどのphpを親テーマから子テーマへロリポップを使用した例を使って説明します 今回は投稿用のテンプレート「single.php」を作る。 WordPressのテーマ作成8で、トップページの表示用のテンプレート「home.php」を作ったところからの続きです。 手順は、「home.php」をコピーして「single.php」にし、投稿記事を表示する部分をパーツテンプレート「content.php」にする。 子テーマのメリット. 子テーマのフォルダにWordPress ファイルを入れて行きます。 ここで重要になってくるのが、 最低限入れる2つのファイルです。 それは、 style.css; functions.php . wordpress 子テーマとは・・・別のテーマ(親テーマ)の内容を、定義しなおし、上書きすることができるテーマになります。 今回の記事では、この子テーマの作り方や、子テーマに必要な「style.css・各テンプレートファイル・function.php」の設定手順について、順に解説しています。 そのためデフォルトのWordpressテーマは 親テーマ とも言われます。 親テーマのphpファイル(例えばheader.phpや、index.phpや、single.php等)を編集したいと思えば、親テーマ内のxxxx.phpファイルを一旦FTPでローカルPCにダウンロードしてきて、それを子テーマの中にアップロードする。 例えば‥ テーマのファイルのうちPHP(拡張子「.php」)ファイルは「テンプレート」と呼ばれます。次のページの表にあるように、トップページ、固定ページなどページの骨組みになるテンプレートと、各ページで共通するヘッダー、フッターなどのテンプレート、記事部分だけのテンプレートがあります。 子テーマの functions.php の最初の行は、PHP の開始タグ (

WordPressの投稿ページ表示用のテンプレート「single.php」の利用方法を実際にテーマを作成して紹介します。 投稿ページとは、単一記事・詳細ページなどとも呼ばれるメインコンテンツを表示するため … ここまでの設定をしていると、ダッシュボードのテーマ一覧に子テーマが選択できるようになります。 例えば、index.php single.phpは子テーマからカスタマイズ出来るのですが、desgin.cssとmobile.cssなどが親テーマでカスタマイズしないと反映されません。 原因として考えられるものがあれば教えて頂けないでしょうか? 子テーマによるかもしれませんが、ぼくが現在使っているテーマである「JIN」には、この個別投稿(single.php) が子テーマになかったのです。 かといって、親テーマのシート をカスタマイズするわけにもいかないのでね…。